読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かぼてぃーのブログ

かぼちゃ頭で考えたことと経験したこと

パートナーの人生はあなたのモノではない

f:id:Ibelieve:20170323104340j:image

 

前回のブログ

ibelieve.hatenadiary.jp

に書いたことの続き。

 

結婚したら独身の異性に会うのがダメって

どうなんだろう?って思って。

 

異性の友達=恋愛感情が絶対ある!みたいに思ってるのかな。

 

狭い。狭すぎる。

 

異性の友達と二人で会うと何が嫌なんだろう。

何を心配しているのだろう。

会う理由が何だったらいいのだろう。

 

これは結婚する前でも同じで

彼氏・彼女の関係性なのに

「自分以外の異性と二人で会うの禁止!」とかしてる

人いるけど、どゆこと?

 

相手には相手の人生があってあなたの所有物ではないわけで。

人生のあらゆる可能性を狭める権利なんてないのに。

 

僕は誰であっても僕と関わってくれた人の可能性を狭める事を自らしたくはない。

逆に僕に関わる事によって可能性が広がって欲しい。

 

結婚してても

異性からの声がかかるぐらいモテてる方がいいじゃん。

そんなモテモテの人が自分と結婚してるってめちゃ嬉しいじゃん。

 

逆に

「自分としか会わない毎日」を望んでいる?

 

お互いが自分としか会わない毎日を望んでいるなら良いけど

 

片方が望んでて

片方がそうじゃないと

 

いつかは終わる。

 

どっちにとってもストレスしかないからね。 

 

パートナーは

自分の持ち物ではないわけで。

相手の人生をどーこーしようなんて

おこがましくて。

 

誰とどこで会おうと勝手。

 

人との繋がりや

コミュニケーションって

精神的安定には凄い大事だから。

 

相手には相手の人生があって

相手には相手の生き方や考え方がある。

 

大事なのは

相手を尊重すること。

違いを受け止めること。

多様性を受け止める勇気。

 

LOVE.

 f:id:Ibelieve:20170323104148j:image

理由ばかり求めるオトナたち

昨日のブログで

大学時代の女友達に会ったことは書いた。

 

そしてこんな会話があったこと

を教えてくれた。

 

「今度、大学時代の男友達に会うんだ〜。

結婚してるから彼氏とかそーゆーのじゃないけどね〜」

 

と友達に言ったところ

 

「えっ!既婚の男に会う理由って何?

私の旦那が独身の女と二人で会ってたら嫌だな」って言ってた

 

という話を教えてくれた。

 

オトナって理由ばっかり求めるなぁ、ホント。

理屈や論理では

説明出来ないことって沢山あるのに。

 

今まで生きてきてあらゆる選択をしてきたと思うけど

その全ての選択が論理的に説明出来る人なんていないでしょ?

 

何となくとか

直感とか

楽しそうとか

 

そうゆう感情の部分で決断してきた事って沢山あるはずなのに。

 

その点、子供はみんな感情。

 

遊びたいから遊ぶ。

寝たいから寝る。

泣きたいからなく。

飯食いたいから食う。

 

そこに対してイチイチ、

何で遊びたいの?とか

何で寝たいの?とか

何で泣きたいの?とか

何で飯食いたいの?とか

 

聞かないでしょ。

 

 

好奇心から来る、「何で?」は良いのよ。

 

例えば、おとーしゃん、何でおそらは青いの?とかね。それはいーのよ。

どんどん聞いてよ。

 

そうじゃなくて

オトナになればなるほど

 

理由は?

 

 

ってすぐ聞く。

 

そしてその理由が

感情的なものだと

納得いかないオトナが多い。

 

楽しいからじゃダメなの?

面白そうじゃダメなの?

直感的にじゃダメなの?

何となくじゃダメなの?

 

説明出来ることなんて

大した事ないんだよ。

 

例えば

何であの人のことが好きなの?って聞かれて

 

背が高いからとか

優しいからとか

お金持ちだからとか

可愛いからとか

 

説明出来るのってなんか薄くない?

その理由なかったら好きじゃないってこと?

 

 

「いや〜なんかわかんないけど

うまく言えないけど好きなんだよね。」

 

ってこれが愛じゃねぇのって思うわけ。

 

まぁ話が少し逸れてしまったけど

 

もっともっと

感情を大事に大事にした方が

絶対良いと僕は思う。

 

説明しようとするから不幸になる。

正しい理由が無いとダメなんじゃ無いか?って錯覚する。

でもそんな事はない。

 

だから僕は常に自分の感情に敏感でいたいし

感情の違和感を感じたらそれが正解だって思ってる。

 

f:id:Ibelieve:20170321221026j:image

またすぐに会いたくなる人。

昨日のブログにも書いたけど、今日まで家族は旅行に行っていていない。

ちなみに、家族はスキーに行っているんだけど、

僕はなんで行かないのかって言うと

寒いのが嫌いだから。

別に家族の仲が悪いとかでは全くなくって

「やりたいことはやりたくない」という

かぼてぃーの性格が余すところなく発揮された次第です。

 

さて、今日は昨日に続き、やりたいことを叶えていく日。

それは 

14年来の友達に会うこと。

出会いは大学。

いっつも会いたいと思っているけど中々会えない。

前回会ったのは何年前よ?って感じ。

そんな彼女とすんごい久々に再会。

そして新宿御苑に。

数年前に会った時も御苑。

どこの店に行こうか悩んだ挙句、

「公園サイコーでしょ!!」ってことでね。

 外で食べるご飯ってなんでこんなに美味いんだろう。

 

伊勢丹のデパ地下で散々悩んで同じような弁当チョイスしちゃうってゆうね。

肉好きな二人。

 f:id:Ibelieve:20170320214546j:image

 

 

ガーリックシュリンプ。最高。気分はハワイ。

f:id:Ibelieve:20170320203116j:plain 

今月かぼてぃーは誕生日だったのでチョコと、

f:id:Ibelieve:20170320203512j:plain

 

自分で焼いたパン!!!を作ってきてくれました。

すげぇわ。しかも美味いしね。明日の朝ごはんに決定。

f:id:Ibelieve:20170320203114j:plain

 

今日は数年分の話を二人のマシンガントークで止まることなく

閉園まで4時間も話した。

 

今流行りのタラレバ話や愚痴は一切なく、

全部ポジティブな話題で口角あがりっぱなしの4時間。

 

最高に楽しかったし

めちゃくちゃ笑ったし

沢山の気付きも学びも得れたし

やっぱりこの人に会って良かったって心から思った。

 

話の内容が何でも

居心地が良くてお互い見栄も張らずに等身大で話ができる人ってだけで

 

もうそれだけで幸せなことなんだなって思った。

 

大人になると

等身大で何でも話せる人って凄い貴重。

自分のありのままを受け止めれる関係って素敵だなぁって思う。

 

彼女が

「またすぐ会いたいなーって別れられる友達いいねーっ」って言っていて

本当にその通りだなって。

 

本当に会いたい人とか、

大好きな人はバイバイしてもすぐ会いたくなるもんなんだなって。

そして何年も会ってなくても、そんなの全然関係なく出会った当時のように

戻れる友達っていい。

 

f:id:Ibelieve:20170320203539j:plain

 

 

夢を叶えるクセを付けて人生を楽しくする

今日はやってみたかった事を叶える日。

 

今、リッツ・カールトンでブログを書いている。

 

今日はお昼から表参道で仕事だったけど煮詰まったので

場所を変えることに。

 

f:id:Ibelieve:20170319193848j:plain

 

最高の時間。

匂いがたまらん。

(ちなみに東京駅のシャングリラホテルの匂いも最高)

あ〜来てよかった!!!!!!

 

f:id:Ibelieve:20170319194053j:plain

今日は前からやりたかった事を一つでもやろうと決めていた。

なぜなら

今日から僕以外の家族は旅行に行ってしまい、

今日と明日は本当に自由な時間。

 

その貴重な48時間を何に使うか悩んだんだけど

自分の中の夢リストを叶えていく日に決めた。

 

その一つがリッツ・カールトンのラウンジで一人会議をする事だったのだ。

 

多くの人はあれやりたいとかこれやりたいとか沢山あるのに

先延ばし先延ばしで

いつかやろう、いつかやろうって思ってるけど、

 

「5日」はカレンダーにあるけど

「いつか」は無いわけで

 

自分がいつ死ぬかもわからないから

 

やりたいと思った事で

「やる気になれば今日できる事」は

徹底的にやることに決めている。

 

リッツ・カールトンのラウンジは確かに高級かもしれない。

カフェラテは1800円。(なんと!お代わりが1杯できた)

 

スタバの4倍?5倍?

ドトールの6倍?7倍?

 

でも、

1800円が払えない人って居ないと思ってて、

 

1800円持って六本木にくれば

 

誰でもリッツ・カールトンのラウンジに来てカフェラテ飲めるんだよ。

 

だから

 

少しお金かかるけどやりたい事とか

少し時間がかかるけどやりたい事とか

 

今日、明日にでもできるならやっちゃった方が絶対いい。

 

そのカフェラテに1800円の価値があるか?とか

1800円払ったのに何も得れなかったら嫌だな

 

ってゆう損得勘定捨てて

やりたいことはどんどんやった方がいい。

 

そして自分の中で

「やりたい事をやれる自分」を

作って行った方が人生は楽しくなると思う。

 

身近な夢からどんどん叶えていきたいなぁ。

 

f:id:Ibelieve:20170319194035j:plain

 

心を太平洋にしたいと思った夜

昨夜のコト。

息子「何でお父さん、僕の事が大嫌いなの?」

僕「えっ!?嫌いじゃないよ!大好きだよ。何でそう思ったの?」

息子「だって嫌なコトするじゃん。」

僕「嫌なことって何?」

息子「お父さん、怒るじゃん。。。」

という会話があった。

そうか。

そうなっちゃうか。

「お父さん、僕の事嫌いなのかな。」

って思わせてしまっていたことに

物凄い反省。

全く怒らないってのは
無理だけど

もっと心を太平洋にする必要はあるなぁ。

感情のままに怒ったら
子供も感情のままに怒る人になっちゃうのかな。

怒ってる理由をしっかり伝えて
感情ではなくて
言葉でしっかりとコミュニケーション取らないとね。

愛だなぁ。
愛がないなぁ。

違いを受け止める勇気。
子供も一人の人として尊重しないと。

彼にも彼の人生がある。
そんな事を考えた夜。

 

f:id:Ibelieve:20170316125129j:image

選ばれる人になるっ!

今日
歯医者に行ったんだけど、
その歯医者は自宅からは
30分はかかる場所。

 

昔、住んでた家の近くにあったから
その時に初めて行って、

それから歯医者は
ずっとここに行っている。


普通に考えたら自宅近くの
歯医者に行けばいいんだよね。


往復1時間の時間が勿体無いし。

 

でも
今日もそこに行っちゃった。

 

 

何でだろうなって考えたけど

 

やっぱり

人だなって。


これだけ情報やモノが溢れ

物質的な豊かさはこれ以上要らないし、
それこそ歯医者だってメチャクチャある。

 

 

歯医者でやること、
治療は同じかもしれないんだけど


僕は

担当のTさんに診察して

欲しいんだなって、思った。

 

 

どこでやっても同じだからこそ

尚更、人で選びたい。


これからの時代
AIが仕事を奪うとか色々言われてるけど

『選ばれる人になる』

ってのは凄い大事だし
目指していきたいなって思った。

 

会社の看板じゃなくて
自分という看板で仕事が来るように。

 

営業といえば、あなた
料理といえば、あなた
PCといえば、あなた
保険といえば、あなた
健康といえば、あなた

みたいにね。

 

選ばれる人になるには

自分が出来ることをトコトン磨く事
目の前の人に全力を尽くす事

そしてそれが信頼になり、

選ばれる人になる。

 

そんなことを考えた歯医者day。

 

f:id:Ibelieve:20170224172310j:image

妻に暖かいコーヒーを淹れよう。

昨日の話。

 

電車に乗った時、

隣に座ったのが

抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこしてる

お母さん。

 

僕にも同じぐらいの月齢の娘がいるので

降りるまで色々とお話。

 

色々と聞いてみたんだけど

・子供は2人いて、

・上の子は3歳で下の子は4月で1歳になる。

・春から下の子も保育園

・4月から職場に復帰する

・職場までは自宅から1時間半の道のり

・夫の帰りはいつも遅く

・しかも下の子は夫を人見知りしてて懐かない

・実家は遠く

・家事育児はほぼ1人でやっている

 

 

つまり、

4月からは

 

朝7時に保育園開門と同時に子供達を預け、

17時に仕事を終え、

18時半に保育園に迎えに行き、

帰って夕飯とお風呂を

1人で全てこなし、

子供達を寝かしつける。

 

そして翌日は

5時に起きる生活が週5日。

 

戦場と化してる日常が

 

 目に浮かぶ。

 

このお母さんには

 

子育てを楽しむ

 

なんて余裕は無いのかもしれない。

 

毎日が必死。

自分の時間も皆無だろう。

 

でもこれが現代子育てのスタンダードかもしれない。

このお母さんだけがレアなケースな訳では無い。

 

夫ができることは

 

・早く帰って家事育児をやる!

 

・誰よりも早く起きて

   洗濯と朝ごはん終わらせる!

 

・休みの日に自分だけで子供の面倒を見て、妻にひと時の自分時間をプレゼント!

奥さんは映画でもカフェでもいってらっしゃいませ!

 

・ベビーシッターに依頼して

    夫婦でご飯行く!

 

 

・お手伝いさんを雇えるくらい

   所得を上げる!

 

 

とかかなぁ。

 

でもまずは

妻の

タイムスケジュールに

精神的負担に

肉体的負担に

共感することから。

 

共感して

話を聞いてあげて

暖かいコーヒーを淹れてあげることなら

誰でも出来るはず。

 

f:id:Ibelieve:20170223103439j:image