かぼてぃーのブログ

かぼちゃ頭で考えたことと経験したこと

お悩み相談をもらった件

今日は20代前半の子からお悩み相談をもらったのでそれについて書いてみる。

お悩みは以下。

 

1.今自分が、本当は何がしたいか分からなくて人生の路頭に迷っている状態。

2.1については自分の事を知ればわかりますか?

3.かぼてぃーさんなりの毎日を最高の笑顔で生きるコツを教えてください

 

それではいってみよー!

 

まず1と2に関して。

僕も今まで何度となく同じ事を考えて来ました。

これを読んでる皆さんも「本当に自分がやりたいことってなんだろう」って悩んだことは一度や二度じゃないはずです。(で、ここで出てくる「やりたい事」は大概が趣味って何だろう?ではなくて「人生を賭けてやりたい仕事」って事だと思うので勝手にその解釈で話を進めますw)

でもその度に恐らく明確な答えなんて出てない人がほとんどじゃないのかなぁと思います。つまり、「自分の本当にやりたい事」なんて「簡単」には見つからないもんなんですよね。

だから「自分のやりたい事で起業してる人」や「好きな事を仕事にしている人」を見ると、どうしても自分の人生と比較してしまいがち。

でも大事なのは他人と比較して自分の人生の幸福度を決めることでは無いはず。

幸せの基準は自分の中に持つべきなんですよね。

そして自分のやりたい事は中々わからないかもしれないけれど

「こんな人生がいい」「こんなライフスタイルを送りたい」「こんな人生は嫌だ」

というようなざっくりしたイメージなら抱けませんかね?


ざっくりでもこれが描ければ自分を導くコンパスの役割を果たすと思います。

北に行くのか南に行くのかぐらいは決めておくといいかもしれませんね、って事です。

「沖縄に行きたいんです!」って言いながら札幌行きの飛行機に乗るのはちょっと勿体無いので、自分が生きたい方向性は考えておくといいですね。

その上で、その目標を達成するために仕事やプライベートのあらゆるピースを自分の理想の人生を叶えるパズルの一つとしてゆっくり埋めていけばいい。

目的地が決まったらそこに到達する方法は沢山あります。

それこそ沖縄に行く方法は飛行機でも船でも車でも何でもいけます。

早く生きたいなら飛行機で。寄り道しながら行きたいなら車で。

その上で2の質問に自分を知る事とありますがこれは凄く大事だと思います。自分がどんな時に楽しいかとかどんな事が嫌なのかとか。

自分の取扱説明書を作る感じですね。これがあると自分のメンタルコントロール上、すごい楽です。

 

僕で言うと

・満員電車に乗らないで良い生活

・休みを自分でコントロールできる(旅行とかは家族と平日休んで行きたい)

・嫌いな人とは仕事しない

・お金をあまり気にしないで済む経済力を身につける

 

とかです。

上記のライフスタイルが理想なのでその為に人生のパズルを組み合わせてる感じです。

なので僕は

「めちゃくちゃこれがやりたい!!!!!」は無いですが

「こんなライフスタイルがいい!!!!」は有ります。

 

そもそも「めちゃくちゃこれがやりたい!!!」仕事があれば既に着手しているはずだからです。

 

また、自分のやりたい事って自分で見つける事ができた人はとてもラッキーかもしれません。意外に自分以外の誰かが気づかせてくれたりするような気もしてます。

 

例えば「かぼてぃーさん良く〇〇ができますね!」とか

「かぼてぃーさん〇〇するの上手いですよね」とか、そんな言葉にヒントがある気がしてます。

 

自分が息を吸うように楽に出来るけど他の人だと凄く大変な事。

自分は全然普通なのに他の人が褒めてくれる事。

 

そんなところに「自分のやりたい事」のヒントがありそうです。

なぜなら「自分がやりたい事」をやって

さらにそれが「誰かの役に立っている充実感」が得られたら最高の仕事になるじゃないですか?

自分では苦もなく出来る事で人を喜ばせる事ができたらこんな最高な事ないじゃん、と思います。

 

3の「毎日を最高の笑顔で生きるコツ」ですが考え出すと色々あるなぁと気付いたんですけど、一言で言うと「人生、全て解釈で決まるなぁ」って思ってます。

事実は変えられませんが解釈は自分次第です。

僕は全部自分に都合よくプラスに解釈するようにしていますw

電車が遅れても「まぁこれも運命。本でも読むか」ぐらいにしか思いませんw

また、自分がコントロール出来ないことには意識を向けないようにしています。

例えば明日の天気を僕の力で晴れにすることは出来ません。

なので天気の事については一切嘆かなくなりました。

自分のコントロールできることだけに集中するようにしています。

 

そして「幸せだから笑顔になるのではなく、笑顔になるから幸せなのだ」みたいな言葉も好きです。

上機嫌で過ごしていると勝手にニコニコしてきます。だいぶ怪しいですがw

そもそも自分の機嫌ぐらい自分で取るようにしているし、

今の結果は全て自分の思考や行動の結果と思っているので不平、不満、愚痴が出てきません。

だから、「毎日を最高の笑顔で生きている」ように見えるのかなぁと思いました。

 

ちょっと纏まりがないブログになってしまったけど

こんな感じです!

キーマンを作ろう

今日、芦名さんと話していたんだけどキーマンを作るって凄く大事だよって話で。

 

「株式会社自分」って考えた時にどれだけ自分のために動いてくれる人がいるかで

自分の仕事の成果って変わって来るよって。

キーマンがいないとズーーーーーと自分で全部やらないといけないままだから大変だよねって話で。

 

じゃあそのキーマンを作るためにはどうすればいのかって言うと、今までの人生でどれだけ「貸し」を作れているかが大事。

 

あなたのためならなんでもやりますよ!

今まで色々お世話になったので!

って言ってくれる人をどれだけ作って来たか。

 

「貸しは相手に作るもので、貸しを自分が作らされたらダメ」ってことです。

だから無料でどんどんいろんなお手伝いやなんやかややるのは後々すごい効いて来る。

逆に安いギャラならもらったらダメなんですよ、と。

貸しを作っておかないと。

 

そんな観点で考えた時に全然キーマンがいなくて焦る。

自分の人生の通信簿がオール1かもしれん。。。

 

ここからどう巻き返すか。

腕の見せ所ってやつ。

 

 

 

 

かっこいい身体。セクシーな身体。どっちも出来ます。

先日、芦名表参道(株)の新規事業「BEATS」がスタート。

 

最高のフィットネスクラブが完成しました。

 

何が最高かって??

 

運営に関わっている僕が言うのもあれなんですが

 

・オーダーメイドでトレーニングができる。

パーソナルトレーナーがマンツーマンで教えてくれるので自分の理想の体型に近づきやすい(1対大勢のフィットネスだとそれは無理)

 

・トレーニング初心者でもOK

パーソナルトレーナーがマンツーマンで教えてくれるので、「ってか筋トレってどうやんの?」って人も丁寧に教えてくれます。マシンが沢山あるようなフィットネスクラブだと誰もマンツーマンで教えてくれないので、自分のやり方が合ってるのか?さえわからないし、下手したら怪我をする恐れがあるので初心者ほどちゃんと知識付けてやらないと勿体無い気がする。

 

・短期集中で痩せたい人に最適なメニューがある。

有酸素運動の約6倍のスピードで脂肪を燃やしていくトレーニングメニュー。

どんだけ〜!!(勿論、その人に合わせてやります)

 

・楽しい

僕は人生でフィットネス行ったことなくって、

辛くて面白くないイメージがあったんですけど、

トレーナーさんが盛り上げながらやってくれるのでめちゃくちゃ楽しい。部活的な。

 

・安い

パーソナルトレーニングって基本的には高額なんですよね。

でもそんな高額な費用を払って一瞬だけ痩せても意味ないですよね。

しかもその期間終わったらリバウンドしたくないですよね?
だったらきちんと生活の一部にフィットネスが馴染むようにしたいな、と。

なのでBEATSは月に3万でパーソナルトレーニングが受け放題。

自分のペースに合わせてこれるのも良い。

 

他にも色々ありますがまずは体験に来てみてください!
とりあえずやってみて合う合わない決めたらいんじゃないでしょうか。

 

 

・毎月1万円弱払ってるけど全然ジム行ってない人

・ジムは行ってるけど効果を実感できていない人

・運動しようと思いながら月日が経ってしまっている人

・痩せたい人

・綺麗になりたい人

・美尻を手に入れたい人

・子供産んで体型が変わってしまったので戻したい人

 

是非お待ちしております〜!

 

完全招待制なので少しでも興味ある人は私までご連絡ください!!

yoshioka@ashinaomotesando.com

吉岡良気 (@kaboteee) | Twitter

 

f:id:Ibelieve:20180901225049j:plain

(写真と本文は関係ございませんw) 

湯を沸かすほどの熱い愛で愛を学んだ

湯を沸かすほどの熱い愛

 

がメチャクチャ良かったーーーーーーーー!!!!

 

 

f:id:Ibelieve:20180825180218p:plain

 

見ました??

少し前の映画だからAmazonTSUTAYAで借りて見てね。

 

宮沢りえ主演の映画なんだけどメチャクチャおすすめ。

 

夜中に奥さんと二人で見ながら泣きっぱなし。。。

 

「愛」ってこうゆうことなのか

「愛する」ってこうゆうことなのか

 

って凄く考えさせられる映画。

 

子供が居る人なんかは見終わった瞬間から

子供との接し方が変わるかも。

 

沢山の愛を注いであげたくなる。

 

人間はいつか死ぬんだよ。

明日死ぬかもしれないんだよ。

余命2ヶ月って明日言われるかもしれないんだよ。

 

そんな時、お前はどう生きる??

そんなことを問われたような映画だった。

 

すごい良かった。

 

www.youtube.com

 

 

孫の顔写真付きアイテムって最強

やっぱ夏はルービーだよね。

 

f:id:Ibelieve:20180819173816j:image

 

ってことで!

この前泊まった旅館のマーケティングセンスに唸ってしまった。

祖父母をターゲットにした孫の顔写真付きアイテムってかなり需要あるんじゃないか?と今更思わせてくれた。

 

それがこれ。

f:id:Ibelieve:20180819172919j:image

 

寄るとこう。


f:id:Ibelieve:20180819172900j:image

 

 

前日の夕食時にカメラマンが回って来て写真を撮ってくれるんだけど

 

それが翌朝には

 

この爪切り&栓抜きに早変わりしている。

早すぎる。

 

これには唸った。

この旅館は明らかにファミリー層がターゲット。海からも近く、プールやゲームコーナーもあり、子供が楽しめる旅館。

しかも、連休には祖父や祖母との親子3世代で来るなんて事も容易に想像がつく。

 

そんな事を考え抜かれて

明らかに祖父・祖母をターゲットにしたサービス。

モロにうちの親も買ってました笑

 しかも朝食会場に向かう道中で販売。。。

孫からも、買って!とせがまれたらもうね。。。

 

いい勉強になりました。

 

 

人生で一番美味いソフトクリーム

3時起きで伊豆に。

両親と妹夫婦と。

 

でも雨ね。

しかも結構、本気の雨ね。

雷も鳴る感じの。

 

こーゆー時のインスタや!!!

 

って事で

 

#伊東カフェ

 

でタグる。

f:id:Ibelieve:20180812221350j:image

 

マジで便利。

ビジュアルで判断できるのが良い。

美味しそうな店に目星を付けて訪問!ってことで

 

ソフトクリームが美味しいお店

 

に行く事にした。

 

店はここ!

スイートハウスわかば

アクセスが制限されています[食べログ]

 

渋谷、恵比寿あたりでは見かけない、レトロな喫茶店

ノスタルジー

 

で、とにかくオススメのソフトクリーム食べたんだけど、マジで美味い。

f:id:Ibelieve:20180812221849j:image

今までで食べたソフトクリームの中で一番美味い。

 

こっちはホットケーキスペシャル。

f:id:Ibelieve:20180812221903j:image

確かにスペシャルだった。

ホットケーキってこれこれ!!みたいな

やつでこれまた美味い。

 

ということで

皆さん、伊東に行った時は是非行ってみてください。

ラ・ラ・ランドみたいな恋が良い。

めっちゃ今更感なんだけど「ラ・ラ・ランド」を昨日Amazonで観た。

ずーっと観たかったけど後回しにしてたやつ。

グレイティストショーマンと同じスタッフ?が制作してるとかしてないとか。

知りませんけど。

 

f:id:Ibelieve:20180810212617j:plain

 

前評判通りの良い映画。好きな映画。好きな音楽。

今日はサントラ、ヘビロテ。

気づいたら踊りだす。

ジャズやりたい。

 

何がいいって主役の二人の恋の行方に観てるこっちが赤面しちゃう感じですごくいい。

もうなんなのあの恋。

素敵すぎる。

大人の恋って感じですごーい良い。

あんな恋がしてみたいです笑

 

ライアン・ゴズリングのスーツ姿もカッコいいんだよなぁ。

男でも惚れる。あんなカッコよくてジャズやってたらもうヤバイ。

俺もシャツの腕まくりしたい。

 

エマ・ストーンも可愛すぎな。

劇中の衣装から仕草から全部ストライク。

衣装に関してはワンピースってやっぱ最高な。

女性の美しさを高めるね、ワンピースは。

 

あー余韻。

 

しかもエンディングが予想外だった。

そっちかー!って。

そこがまた良いんだよね。。。

 

という訳でまだ観てない人は

AmazonTSUTAYAで借りて観て!!

www.youtube.com

 

日比谷ミッドタウンのオフィスに行ってきた!

こんなところで働いてみたーい!!!

 

そんなオフィスに行ってきました。

場所は日比谷ミッドタウン。

 

エントランスからもう。。。

 

f:id:Ibelieve:20180803170505j:image

 

テンション上がる。

 

f:id:Ibelieve:20180803170521j:image

 

窓のデカさね。良いよねー。景色も良いし。

 

エレベーターのボタンもなんかカッコよく見えちゃう。

f:id:Ibelieve:20180803170722j:image

 

ここはホテルですか??

f:id:Ibelieve:20180803170742j:image

 

 

休憩室がもはやカフェ。

 

f:id:Ibelieve:20180803170650j:image

 

メッチャステキなカフェ☕️

f:id:Ibelieve:20180803170654j:image

 

熱帯魚いるし。

f:id:Ibelieve:20180803170712j:image

 

こんな環境で働いたらテンション上がるわぁ。

いつもより頑張れそう笑

 

でも、

オフィスが凄いだけで自分が凄いと勘違いしてしまいそうだ笑

 

なんか自分はデキル奴、と。

調子に乗ってしまいそう。。。

会社ってホント凄いよなぁ。
こんなとこ、自分一人じゃ絶対借りれないもんなぁ。。

儲かってるのは会社であって

自分ではない。

 

そこを間違えないようにしよう。

まぁ、働くことはないと思いますが笑

 

 

 

 

また、散歩行こうね。

僕には14こ離れた弟がいる。

僕が大学受験を終えた14年前。
突然、我が家にやってきた。

彼は色白で少し毛深い。冬は暖かそうだが夏は暑そうだ。夏はいつも母がサマーカットと称してバッサリ切ってしまう。いつもとっても可愛く仕上がる。まるで別人だ。

彼は成長スピードが僕よりも早く
あっという間に追い抜かされてしまった。
もはや、彼は僕の先輩だった。

彼の日課は朝晩の母親との散歩だった。
昔は家の近くの川沿いを散歩したりもしてたけど、ここ最近は体力が落ちたのか、全然遠くまで行かなくなった。すぐに疲れちゃうみたい。
僕と妹はもう結婚して家を出てしまってたから、母さんは毎日の彼との散歩が本当に楽しみだった。

彼は毎日、父が経営する会社に出勤した。
毎日窓から外の景色を眺めたり、来客に挨拶したりと忙しかった。来客があれば誰よりも早く飛んで行って挨拶をしていた。はたまた、会社に誰も居ない時はしっかり留守番をしてくれた。本当に頼りになる存在だ。

彼には親友がいる。
名前は「アギアギくん」。
アギアギくんはいつも彼のそばにいて、いつも一緒に遊んでいた。
アギアギくんの柔らかさが彼を優しく包み込んだ。
寝るときもいつも一緒だった。
でも最近、アギアギくんとは全然遊ばなくなっていた。

彼は毎日帰りの遅い父の代わりに母親の話し相手になっていた。
彼は母親の話を黙って聞いて全て肯定してくれた。否定をしない無償の愛を彼は母に注いでくれた。母はそんな彼が大好きだった。

彼の趣味は昼寝だ。
本当によく寝る。気付いたらどこでも寝てる。
フローリングの上で寝るのが最近のマイブームだった。
冷たいフローリングが気持ち良いんだろう。
本当に暑いのが苦手だった。

彼はよく、つまみ食いをする。お気に入りはやはり、お肉だ。
野菜は全然食べない。肉食男子だ。
僕ら家族が食事をしていると必ずやってくる。
可愛い奴だ。

彼を嫌いな人は誰もいなかった。
なぜなら彼もまた、みんなの事が大好きだったからだ。
彼は僕ら家族に癒しを、愛を、楽しさを
与えてくれた。
彼が居ることでその場が明るくなった。
みんな彼を愛してた。

でもそんな彼ともう一緒に遊ぶことはできない。

大好きなお肉をあげることも。

大好きな母との散歩にも。


またいつか、

一緒に散歩できる日を楽しみにしているよ。

今までありがとう。

元気でね。

天国に居るじいちゃんとばぁちゃんと待っててね。

レオ、ばいばい。

 

f:id:Ibelieve:20180730212434j:plain

愛を込めて花束を。

今日は5歳の息子が「ポケモンの映画見たい!」と前々から言っていたので

見に行ってきた。

でも今日は映画について、ピカチュウがどうだったとか書くつもりはない。

ましてやこの雨で見に行ったもんだから

映画始まる前に服がひんやりしてた事なんてどうでもいい。

 

映画館はショッピングモールの中にある。

映画を見た後、「庭のナスの支えになる棒買ってきて」と妻からLINEが入っていたので

1階にある花屋さんに行った。

お目当の棒的なものはなかったんだけど

息子が

「ねぇねぇ、お父さん。かぁかにお花買ってってあげようよ」と言ってきた。

 

今週の火曜日から2歳の妹が体調を崩し今日もまだ完治せず、

母が看病の疲れとストレスで爆発しそうなのを5歳の彼は感知したのだろうか。

 

「優しいな〜お父さんに似て」なんて言いながら

「どれあげよっか?」と聞くと

 

「これにしようよ!」と持ってきたのは

明らかに誕生日用のド派手な5,000円の花瓶付きの花束。

 

「おおおぉぉう。。。。流石にこれはかぁか誕生日でもないし違うのにしよう」

と提案し

「OK、じゃあこれにしよう!」と手頃なブーケを持ってきた。

 

そのお花を大事に大事に抱えて彼は家の玄関を開けた。

 

そこには大好きな、かぁかと体調の悪い妹が笑顔で待っていた。

 

「人を喜ばせるためにお金はこうやって使うんだぜ」

 

って教えられた気分。

いいもん見せてもらった。

 

f:id:Ibelieve:20180728223347j:plain