読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かぼてぃーのブログ

かぼちゃ頭で考えたことと経験したこと

人生で初めて会社説明会に行って来た話

今日はご縁があって

 

株式会社SYLAさんの会社説明会に参加させて頂きました。

f:id:Ibelieve:20170324173925j:image

 

 

 

 

結論から言うとメチャクチャ良かった。

僕自身、様々な気づきがあったし、

この話を22歳の僕が聞いていたら入社したいって思っただろうなってのが第一印象。

 

かぼてぃーの中の

会社説明会」のイメージをぶち壊してくれた感じです。

良い意味で。

 

実はかぼてぃー、

何を隠そう

「就活」というものをしたことがありません。

 

何故なら

みんな同じリクルートスーツ着て

みんな同じ白いワイシャツ着て

みんな同じカバンを持って

みんな同じ髪型にして

 

ってのに違和感しか感じなかったから。

 

昔から「人と同じ」が大嫌いで

右向け左な性格を思う存分発揮して生きて来ていたので

 

もうね、

「就活」を「みんながしてる」って時点で

 

「俺はしない」って決めてた。

 

なので会社説明会とか実は、初。

 

最初に会社の話があり、その後社員の方のリアルトーク、最後に湯藤社長のお話。

 

社員の方の等身大で嘘を付かない所に非常に好感が持てた。

一般的な会社だと隠したいであろう

 

「厳しい時ももちろんあります」

「みんなが契約取れてる時に自分だけ取れてないのは辛いです」

「社会の厳しさを知りました」

的な話をしっかりしていたのは素晴らしいなって思った。

普通は隠したがるから。

でも嘘ついて入社してもらっても双方、不幸になるだけだもんね。

 

 

最後の湯藤社長の話は本当に勉強になった。

いくつか抜粋。

 

・明るさ、笑顔、元気、積極性は就活関係なく人として持ってないとダメ

・受かるためではなく落とされないために就活してないか?

・人生のリスクは無知であること。

・人間に能力の差はなくて、努力を継続できるかできないかの差しかない

・万人に受け入れられようと思って埋もれるな、目立て。

・逃げていたら信用は得れない

 

就活関係なく聞いた方がいいなって話。

他にも日本の現状や将来的なこと、色々と。

 

話を聴きながら考えたのは

本当に今は「個」の時代で

しっかり生き残っていくには

自分自身にも

会社にも強烈な個性が必要だなって。

 

今まで何をして来たか?よりも

 

何ができるのか?

 

そしてどうなっていきたいのか?

 

を明確に持って生きていないと

その他大勢と同じになってしまう。

 

出来杉くんよりトンガリの時代。

 

とんがってる〜!!

f:id:Ibelieve:20170324174320j:plain