読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かぼてぃーのブログ

かぼちゃ頭で考えたことと経験したこと

理由ばかり求めるオトナたち

昨日のブログで

大学時代の女友達に会ったことは書いた。

 

そしてこんな会話があったこと

を教えてくれた。

 

「今度、大学時代の男友達に会うんだ〜。

結婚してるから彼氏とかそーゆーのじゃないけどね〜」

 

と友達に言ったところ

 

「えっ!既婚の男に会う理由って何?

私の旦那が独身の女と二人で会ってたら嫌だな」って言ってた

 

という話を教えてくれた。

 

オトナって理由ばっかり求めるなぁ、ホント。

理屈や論理では

説明出来ないことって沢山あるのに。

 

今まで生きてきてあらゆる選択をしてきたと思うけど

その全ての選択が論理的に説明出来る人なんていないでしょ?

 

何となくとか

直感とか

楽しそうとか

 

そうゆう感情の部分で決断してきた事って沢山あるはずなのに。

 

その点、子供はみんな感情。

 

遊びたいから遊ぶ。

寝たいから寝る。

泣きたいからなく。

飯食いたいから食う。

 

そこに対してイチイチ、

何で遊びたいの?とか

何で寝たいの?とか

何で泣きたいの?とか

何で飯食いたいの?とか

 

聞かないでしょ。

 

 

好奇心から来る、「何で?」は良いのよ。

 

例えば、おとーしゃん、何でおそらは青いの?とかね。それはいーのよ。

どんどん聞いてよ。

 

そうじゃなくて

オトナになればなるほど

 

理由は?

 

 

ってすぐ聞く。

 

そしてその理由が

感情的なものだと

納得いかないオトナが多い。

 

楽しいからじゃダメなの?

面白そうじゃダメなの?

直感的にじゃダメなの?

何となくじゃダメなの?

 

説明出来ることなんて

大した事ないんだよ。

 

例えば

何であの人のことが好きなの?って聞かれて

 

背が高いからとか

優しいからとか

お金持ちだからとか

可愛いからとか

 

説明出来るのってなんか薄くない?

その理由なかったら好きじゃないってこと?

 

 

「いや〜なんかわかんないけど

うまく言えないけど好きなんだよね。」

 

ってこれが愛じゃねぇのって思うわけ。

 

まぁ話が少し逸れてしまったけど

 

もっともっと

感情を大事に大事にした方が

絶対良いと僕は思う。

 

説明しようとするから不幸になる。

正しい理由が無いとダメなんじゃ無いか?って錯覚する。

でもそんな事はない。

 

だから僕は常に自分の感情に敏感でいたいし

感情の違和感を感じたらそれが正解だって思ってる。

 

f:id:Ibelieve:20170321221026j:image