読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かぼてぃーのブログ

かぼちゃ頭で考えたことと経験したこと

ベンチャーで働いた経験を振り返る

僕は大学卒業後、飲食のベンチャー企業に就職した。

当時は将来カフェをオープンしようと思っていたのもあり、その勉強のために飲食店で働こうと考えたわけだ。


今で言う、ブラックな働き方だったと思う。

朝早くから終電まで。

休みは週一。

まぁ休みがあるだけマシか。

飲食だとどこも変わらないのかな。



でも仕事は楽しかった。

接客って面白いな!って心から思ってた。

お客さんと飲みに行った事もあるし、賄いも美味いし、今思えば最高に楽しい仕事だった。


でも

自分が働くお店に友達が来てくれたり、同級生が土日休みで残業もなく働くのを見て、なんかいーなーって思っちゃった。


そーゆー所謂、

【普通の生活】

みたいなのもやってみたいなってことで1年ちょっとで退職したわけ。


残業代もないし、労働時間も長いしとか言い訳してね。


でも今、社会人8年やってきて思うけど


あのベンチャーの環境って凄い良かったな〜って。


会社をこれから大きくしていく段階で

裁量もかなりあって、新業態の店を立ち上げた時は本当にゼロから店作って。


こーやってポップ書くと売れるのか〜とか

これ美味いけど売れないな〜


とか色々学んだわけ。


要するに

どうしたら売れるか??

をダイレクトに学んだわけ。


でも当時はその


ゼロイチの経験だったり

お客さんに自分で工夫して売ってみる


みたいな経験の価値がわからなかった。


今の自分が当時の自分にアドバイス出来るなら


【今の経験が絶対将来生きるからもっと本気でやれ】って言うかな。


お客さんの声がダイレクトにそしてタイムリーに聞ける仕事だったから

自分のマーケット感覚を養うにはもってこいだったな。



今振り返ると、、、

みたいなことって良くあるけど

ほとんどの経験が


【あの時のあれがあるから今がある】


って思えるものなんじゃないかな。


過去は変えられないけど


過去の意味付けはいくらでも変えれる。


大卒で飲食のベンチャーに入ったということが


今になっては素晴らしい選択だったと思うわ。