かぼてぃーのブログ

かぼちゃ頭で考えたことと経験したこと

観光地ビジネス

昨日、上野に仕事で行きましたが、
花見シーズンということもあって
人、人、人!でした。
で、仕事でお世話になってるAさんと
トンカツ屋さんに行ったんですが、混んでて入れず、

仕方なくアメ横のテキトーな店に入りましたが、
料理もテキトーで、リピートはあり得ないって店でした。
そして、思ったのは
【上野や観光地のお店はリピートしてもらう必要がないんだ!】ということです。
僕らみたいに、行きたかった店を諦め、
テキトーに探してたまたまそこにあったから
という理由で入ってくるお客さんを対象にしてるお店って結構沢山あるだろうな、って思いました。
だって
寿司屋の名前が
【フジヤマ】
とかなんですよ。
明らかにターゲットは外国人観光客。
店名は誰でも知ってる
フジヤマ。
日本人は恐らく入らないでしょう。
そして、こーゆー店はいくらマズくても
観光客が絶えず来てくれるから
潰れることはないんです。
場所だけで生き残ってる店です。
そして、観光客のお財布や僕らみたいな仕方なく入るお客さんをターゲットにしています。
商売としては成り立ちますが
恐らくそこに
やり甲斐や、仕事の面白さ
は無いでしょう。
お客さんを喜ばせたい!
なんて思いも多分ない。
悪いことをやっているわけではない。
でも、
だからこそ、
商売の本質とは何かを考えさせられる出来事でした。

広告を非表示にする