読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かぼてぃーのブログ

かぼちゃ頭で考えたことと経験したこと

自立しているのは親より子供

子供がいなくなってしまうと、自分の存在価値、存在意義、生きる意味が見出せなくなってしまう親は多いと思う。もはや「生きていけない」レベルだ。この仕事は誰のために頑張れば良いのか?この晩ご飯は誰のために作れば良いのか?見失ってしまう。

反対に子供はどうだ。子供は親がいなくなればそれは勿論辛いし悲しいし、耐えられないかもしれない。が、親のそれとは比にならないのではないかと思う。

親がいなくなり、生きる意味を見出せなくなったりはしない。

でも親は生きていく意味を見失い、仕事も手につかなくなり、何日も何日も悲しみに暮れる。

子供は親がいなくても自分の生きる意味や存在価値を見出せる。

また明日から前を向いて強く生きていこうとする。

そうゆう意味では本当に依存しているのは親なのだ。子供ではない。

親の方が自立できているように見えて自立できていない。

子供なしでは生きていけない弱い生き物が親なのだと強く思う。

反対に親なしでも生きていける強い存在が子供である。

だからこそ親より先に子供がいなくなってしまうことは、究極の試練なのだ。

一人の人間としての最大の試練がそれなのかもしれない。